ペットが亡くなったら

”突然のことでどうしたらよいのか全くわからない”というお電話をいただくこともあります。ペットちゃんの葬儀やご火葬のことでお悩みの方は、お電話や公式LINEでもご相談を承っております。

大切な家族を亡くされた方へ

“ペットちゃんがなくなったら、すぐに火葬しなくてはいけないの?”という質問がよくございますが、当ペット霊園ではご葬儀の日時については二つのご提案をしております。

一晩一緒に過ごして十分お別れをし心が落ち着いてからご火葬するという選択肢。
ご葬儀をご家族の揃う日時にするという選択肢。

どちらもというのはなかなか難しいことですので、よくご家族で話し合ってご葬儀の日をお決めいただくのがよいかと思います。どちらにしても心残りのないようにペットちゃんに十分ありがとうの言葉をかけてあげてください。

たくさんの思い出を作ってくれた大切なペットのために。

あなたのためにずっと頑張ってきてくれましたのでまずはペットちゃんに感謝をし、ゆっくり休ませてあげてください。直接、陽が当たらない静かで涼しい場所に寝かせてあげます。ペットシーツなどの上にタオルを敷いて横たえてあげましょう。

手足から死後硬直が広がっていきますので、亡くなられましたら手足を胸のほうへやさしく折り曲げてあげてください。 すでに硬直が始まっている場合は丸一日ほどで硬直が取れてくることが多いですので、無理に折り曲げなくても大丈夫です。

まぶたや口をやさしく閉じ、ブラッシングをして毛並みを整え、お湯で湿らせた布でお顔や全身を拭いてきれいにしてあげてください。 口元や肛門周辺から体液が滲みだすことがありますのでタオルなどをあててください。暑い時や安置が数日にわたる場合には保冷剤をタオルにくるんでペットちゃんの頭部や腹部を冷やしてあげてください。そして体にタオルをかけてあげてください。

きれいに清め、感謝の言葉をかけてあげたら、
お花やお水、好きだった食べ物、愛用品、
ありがとうの手紙などを添えて
手を合わせ撫でてあげましょう。

ペット葬儀・ペット火葬についての準備

にじの葬祭にペット葬儀・ペット火葬のご依頼をいただく場合は必要なものや必ずご用意いただかなくてはいけないものというのはありません。

葬儀に必要な骨壷・覆い袋はこちらでご用意しております。(骨壷・覆い袋込みの料金です。)

葬儀・火葬までの限られた貴重なお時間は可愛がられてきたペットちゃんに十分に感謝の言葉をかけてあげたり、ペットちゃんの好きだったもの、お水、お花などを供えていただければと思います。

お供えのものは火葬の際に一緒に入れられたり、火葬後に遺影に供えられたりご家族それぞれです。火葬の際に入れられるものとして多いのは好きだった食べ物やお花、お手紙などです。ご家族が最後にペットちゃんのために用意してくれたものに囲まれての旅立ちはペットちゃんにとっても心強くうれしいことでしょう。

霊園にお連れになる際はご家族がお連れになりやすい形で構いません。ちょうどよい大きさの箱があればお納めになって来られても結構ですし、なければタオルにくるんだり、ペットシーツにのせて来られる方も多いです。愛用のベッドに寝かされてお連れいただいても結構です。

突然のことですのでできる範囲で大丈夫です。

火葬の際に添えることが出来る物○

好きだった食べ物
愛用のタオル・お洋服(数枚)
お花
お手紙やペットちゃんとのお写真
首輪

火葬の際に添えることが出来ない物×

プラスチック製品・金属類・陶器類
座布団など綿の入った寝具
大量の衣類やタオル、寝具など
色の濃い布類(ごく稀にですがお骨に色が移ることがあります)
大量のドライフード

ペットちゃんをお納めいただいている段ボールなどの紙類は火葬すると大量の灰となり残ります。お骨が灰に埋もれてしまい、どれが灰なのかどれがお骨なのかがとてもわかりにくくなりますので、爪や歯などの小さいお骨まで大事にお骨上げすることを重視される場合はご遠慮いただいております。

その他

添えてあげたいけど入れられるのかわからないというものがあればお持ちいただければ、アドバイスさせていただきます。入れられない理由の多くはご遺骨に損傷の可能性があったり、火葬炉の故障の原因になる物であったり、お骨上げの際に支障をきたす可能性があるためです。

不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました